2007年10月20日

田舎の別荘でガス暖炉がある暮らし

ガス暖炉について考えたいと思います。暖炉も薪ストーブもいいけど手入れがちょっと面倒くさいという人は、ぜひガス暖炉を採用してみてはいかがでしょうか!!やっぱり暖炉はリビングルームに癒しや豊かな暖かさ表現してくれますよね!ただ、通常の暖炉では、薪を準備したり、煙突のすすを毎年落としたりという作業が結構大変になってきます。もちろん、その行為自体が楽しいということでもあるのですが、ちょっと年をとると、体力的に危ないですからね。それもかんがみてガス暖炉はどうかっていうことなんです。けっこうサイズも融通が利くようで、暖炉の外観も自由に組み合わせられるようですし、薪を燃やしたような炎も再現することができるようです。たしかに、ガスだけだと真っ青な炎(そのほうが燃焼効率はいいんだろうけど)になってしまうし、それだと、なんか味気ないですしね。しかも、ゆらゆら揺れ動くみたいです。ユラユラユラユラと。ダンシングテュナイトという感じでしょうか。模擬薪も装備されているようですよ。セラミック製だとか。とこんな感じのガス暖炉。通常の暖炉を考えている方もこれを踏まえてもう一回考えてみてはいかがでしょうか?ガス暖炉をどうかごひいきに。
【関連する記事】
posted by がすだ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
BANNER
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。